DNSプロテインソイ100は美味しさに定評がある大豆プロテイン!栄養内容や口コミ評判を調査!

ソイプロテイン
マッスルサポートブログ

突然ですが、プロテインを選ぶ上で重要視しているポイントはありますか?

美味しさたんぱく質の豊富さ、さらには人工甘味料の有無など、人それぞれ重要視しているポイントは違うと思います。

なので、本編に入る前に今回ご紹介するプロテインはどのような方におすすめなのかをご紹介します。

~今回の記事はこんな方におすすめ!~

  • ソイプロテインを利用したい方(絶対条件)
  • 美味しさ&飲みやすさを第一に考えている方

などなど、ソイプロテインでは珍しい美味しさ飲みやすさに特化したプロテイン、DNS プロテインソイ100をご紹介します!

 

DNSプロテインソイ100とは?

ブランド DNS
価格 1袋330g:1,944円(税込)
1袋990g:4,860円(税込)
内容量 1袋330g(10食分)
1袋990g(30食分)
たんぱく質1g価格 1袋330g:7.71円
1袋990g:6.4
フレーバー 1種類(チョコレート風味)
ご購入方法 公式サイト,楽天市場,Amazon,Yahoo!ショッピング

DNSとは、本物を追求するという点を本質とし、プロテインやサプリメントを販売しているブランドです。

品質の高さに定評があるブランドですが、個人的には美味しさが魅力的なブランドだと思っています。
マッスルサポートブログ

 

そして、今回ご紹介する「プロテインソイ100」は、ソイプロテインの欠点である美味しさ飲みやすさに焦点を当てて、

普段ソイプロテインを飲み慣れていないユーザーでも、飲みやすいような味付けや溶けにくさも改善し作られたようです。

ソイプロテインは混ぜる段階から苦労する方もいるでしょう。そして、口当たりのざらつきやモッタリ感を改善すべく、こだわり作られているようですね。
マッスルサポートブログ

 

これから、原材料や栄養成分表口コミ評判を見て行くのですが、上記の内容で本商品の欠点が一つ見えました。

それは、フレーバー種類の少なさです。

本商品は、フレーバー1種類(チョコレート風味)のみの販売です。なので、チョコレート風味が苦手な方はもうそれでアウトです。

チョコレート風味が苦手な方はこの先を見る必要はないかもしれませんね。

 

では、気になる「原材料や栄養成分」を見て行きましょう!

原材料や栄養成分について

原材料名
大豆たんぱく(アメリカ製造)、ココアパウダー、クリーミングパウダー(乳糖、全粉乳、植物油脂、加糖脱脂練乳、デキストリン、砂糖)、食塩 / 香料、乳化剤(大豆由来)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムK)、グァーガム、調味料(核酸等)
栄養成分表
エネルギー 131kcal 炭水化物 2.9g
たんぱく質 25.2g 脂質 2.1g
食塩相当量 0.78g

※1食あたり「33g」の詳細です。
※タンパク含有率「76.3%」・アミノ酸スコア「100」

原材料や栄養成分は上記の通りです。

原材料にて、人工甘味料が配合されているため、人工甘味料を避けている方には不向きですね。

まぁ、美味しさに定評があるプロテインなので当たり前ですね。
マッスルサポートブログ

 

栄養成分では、3大栄養素全てが良くも悪くも豊富ですね。

タンパク質25.2gはソイプロテインの中では破格です。ただ、1食あたりの使用量が33gと多めなので、この含有量の多さもうなづけます。

栄養内容に関しては、これから「他社のプロテイン」と比較してみますが、結論を言いますと「○○に本気で取り組む方」にはまったくおすすめできないプロテインです。

たまに、自分へのご褒美としての利用はありかもしれませんね!

 

他社のプロテインと栄養&価格比較!

次に、他社のプロテインと「栄養・価格」の比較をしていくのですが、本商品は「ソイプロテイン&美味しさに定評あり」ということで、比較するのであれば同じ条件のプロテインではないと意味がありません。

当たり前ですが、完全無添加のプロテインと比較したら、本商品の栄養内容はひどく見えます。
マッスルサポートブログ

 

このようなことから、本商品と同じ条件の「ソイプロテイン&美味しさに定評がある」商品と比較してみましょう!

ブランド名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 タンパク含有率 たんぱく質1g価格 フレーバー種類
DNS
1食33g
131kcal 25.2g 2.1g 2.9g 76.3% 6.4円 1種
バルクス
1食20g
76kcal 16.1g 1.0g 0.7g 84% 3.9円 4種類
ザバス
1食21g
79kcal 15g 1.0g 2.5g 71% 5.4円 2種類
ケンタイ
1食20g
75.8kcal 14.6g 1.2g 2.4g 73% 5.7円 4種類

※各部門一番優れた数値は青印で記載しています。
※右にスライドができます。

本商品と美味しさに定評があるプロテインの栄養&価格を記載してみましたが、まずはコスパを見行きましょう。

コスパに関しては「タンパク質1g価格」を見て頂ければ一発で分かります。上記の通り、バルクスのプロテイン3.9円と一番安いのでコスパが良いと言えます。

※あくまでもタンパク質のコスパです。ザバスやケンタイにはビタミン&ミネラルが配合されているため、一概には言えません。

 

栄養内容では、DNSのプロテインを基準に見て行くと、カロリーは他のプロテインの1.5倍近く含有されています。

脂質に関しては「2倍」含有されています。タンパク質含有量も圧倒的ですね。

なぜ、これほどまで他のプロテインとは栄養含有量が違うのか?

それは、そもそも「使用量が異なる」ためです。

 

本商品は「1食33g」利用するのに対し、他は「1食20~21g」です。なので、タンパク質やカロリーも1.5倍近く多くなります。

なので、公式の定めた使用量を崩すのは本意ではありませんが、本商品の使用量を20gに仮定して、もう一度比較してみます。

 

ブランド名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 タンパク含有率 たんぱく質1g価格 フレーバー種類
DNS
1食20g(仮定)
78.6kcal 15.12g 1.26g 1.74g 76.3% 6.4円 1種
バルクス
1食20g
76kcal 16.1g 1.0g 0.7g 84% 3.9円 4種類
ザバス
1食21g
79kcal 15g 1.0g 2.5g 71% 5.4円 2種類
ケンタイ
1食20g
75.8kcal 14.6g 1.2g 2.4g 73% 5.7円 4種類

※各部門一番優れた数値は青印で記載しています。
※右にスライドができます。

本商品の使用量を「33g→20g」と仮定して、カロリーやたんぱく質の含有量も合わせてみましたが、

やはり本商品は全てにおいて、バルクスの下位互換です。

 

上記の表を見ると誰でもわかると思いますが、本商品は栄養内容が全く優れていません。

なので、美味しさを第一に考えている方のみにおすすめです。

 

 

口コミや評判をリサーチ!

次に、本商品の「口コミや評判」をご紹介します。

通販サイト「Amazon・楽天市場」などの口コミを参考にします。

ただ、すべてを取り上げることは不可能なので、選定基準を軽くご紹介します。

 

選定基準は、第一に「他社との比較評価」を行っている口コミを、第二に「理由を詳しく記載」してある口コミを取り上げます。

反対に、「まずい・美味しい」などの理由のないざっくりとした感想は取り上げません。

では、口コミ評判を見て行きましょう!

 

悪い口コミ

溶けにくい。シェーカーでかなり振っても粒が残る。

引用元:Amazon

悪い口コミでは、、

  • シェイカーで混ぜても粒が残る

本商品は、発売してからまだ半年しか経っていない新商品です。なので、口コミ数がまだまだ少ないです。口コミが見つかり次第追記します。

 

上記にあるように、やはり「大豆プロテイン」なので混ぜにくいようですね。

どれだけ、美味しさや飲みやすさを追求して作られているとはいえ、原料が大豆100%なのである程度は仕方ありませんね。

 

良い口コミ

ソイの方が甘さは控えめですが、美味しいです。ホエイはどうも体調に合わず腸の調子が良くなかったのでソイに変更し、DNSから発売されAmazonで安く購入できて嬉しいです。また購入します。

引用元:Amazon

各メーカーのソイプロテインを試していますがこちらはほんの少し苦味のあるミルクチョコレートの味で飲みやすいです。水+ミルクで割って飲んでいますが溶けやすくサラサラしている感じ。分量を少なめにしているので通常量だともっと甘い気もします。

引用元:Yahoo!ショッピング

陸上競技の中距離をしている中2の息子に購入しました。ハードトレーニングの後に良いみたいです。味もチョコで飲みやすくとても気に入っています。また購入したいと思います。

引用元:Yahoo!ショッピング

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

良い口コミでは、、

  • DNSのホエイよりも甘さ控えめ
  • 溶けやすくサラサラしている
  • ほんの少し苦みがあっていい

などなど、上記以外でも同じような口コミが見えました。

1番上の口コミにて、「ホエイは身体に合わず腸の調子が悪くなる」という口コミが見えますが、この原因は「乳糖不耐症」でしょう。

 

勿論本商品には「乳清」は配合されていませんので、乳糖不耐症の方にもおすすめしやすいプロテインとなっています!

※牛乳を飲んだ時にお腹がゆるくなる体質を「乳糖不耐症」と言います。

 

また、「DNSのホエイよりも甘さ控えめ」という口コミがありますが、

本商品でもかなり甘めのプロテインなので、DNS全体のプロテインが甘めのテイストであることが分かりますね。

 

ご購入はドコがおすすめ?

公式サイト 1袋330g:1,944円
1袋990g:4,860円
Amazon 1袋330g:1,719円
1袋990g:4,022円
楽天市場 1袋330g:1,944円
1袋990g:4,320円
Yahoo!ショッピング 1袋330g:1,944円
1袋990g:4,080円

※税込価格です。
※価格帯は変わる場合があります。(2022年5月現在)

1袋330g&1袋990gこのどちらもAmazonが最安値です。

 

 

飲み方やタイミングについて

1食あたり、水300mlに付属スプーン1杯(約33g)を割合で混ぜてお飲みください。

また、本商品はソイプロテインなのでコップで混ぜますと溶けにくい場合があります。なので、シェイカーのご使用が推奨されます。

 

~摂取タイミング~

  • トレーニング前後
  • 朝食のプラスワン
  • 間食時
  • 就寝前

などなど、本商品は摂取タイミングに決まりはありませんが、上記のようなタイミングで摂取することがおすすめされます。

 

個人的には、1日2杯摂取すると考えて「朝食時のプラスワン+トレーニング前」の摂取がおすすめです!

朝食時に関しては一番栄養が必要なので、タンパク質が豊富に摂取できる本商品は最適です。

 

また、トレーニング前の摂取についてですが、基本的にプロテインは「トレーニング後」の摂取が推奨されています。

ただ、本商品は「大豆プロテイン」です。大豆プロテインは吸収性の遅さが特長的で「約5~6時間」で体内に吸収されます。

なので、トレーニング後の摂取では「トレーニング後の筋肉のゴールデンタイム(約30分)」に間に合いません。

このようなことから、吸収性が遅い「ソイ・カゼイン」などはトレーニング前の摂取がおすすめされます。

 

 

終わりに~

ブランド DNS
価格 1袋330g:1,944円(税込)
1袋990g:4,860円(税込)
内容量 1袋330g(10食分)
1袋990g(30食分)
たんぱく質1g価格 1袋330g:7.71円
1袋990g:6.4
フレーバー 1種類(チョコレート風味)
ご購入方法 公式サイト,楽天市場,Amazon,Yahoo!ショッピング

DNSとは、本物を追求するという点を本質とし、プロテインやサプリメントを販売しているブランドです。

品質の高さに定評があるブランドですが、個人的には美味しさが魅力的なブランドだと思っています。
マッスルサポートブログ

 

そして、今回ご紹介した「プロテインソイ100」は、ソイプロテインの欠点である美味しさ飲みやすさに焦点を当てて、

普段ソイプロテインを飲み慣れていないユーザーでも、飲みやすいような味付けや溶けにくさも改善し作られています。

ただ、上記で「他社のプロテインと比較」したと思いますが、栄養内容はこれと言って優れていません。

なので、美味しさを第一に考えている方にのみおすすめしたいプロテインです!

 

美味しさや飲みやすさを追求し作られたソイプロテイン、、

DNS プロテインソイ100のご使用を検討してみてはいかがでしょうか!!

 

本サイトでは様々なプロテインをご紹介しています。王道なプロテインからマニアックなプロテインまでご紹介していますので、お時間があればぜひお立ち寄りください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました