【2022年5月最新】WPIプロテインコスパ最強|おすすめ5選!

ホエイプロテイン
マッスルサポートブログ

突然ですが、プロテインを選ぶ上で重要視しているポイントはありますか?

美味しさたんぱく質の豊富さ、さらには人工甘味料の有無など、人それぞれ重要視しているポイントは違うと思います。

なので、本編に入る前に今回ご紹介するプロテインはどのような方におすすめなのかをご紹介します。

~今回の記事はこんな方におすすめ!~

  • ホエイプロテイン(WPI)を利用したい方 (絶対条件)
  • コスパの良さを重要視している方
  • 本格的に筋トレやダイエットに取り組んでいる方

などなど、本記事では【高コスパWPI製法】で作られたプロテインに着目し5つほどピックアップしました!

本記事では、「WPI(ホエイプロテインアイソレート)」のみの紹介です。ソイやWPCは対象外なのでご注意です。m(_ _”m)
マッスルサポートブログ

 

下記の記事で、「ソイプロテイン」のコスパの良さに特化したプロテインをご紹介しています。

 

はじめに、今回の記事の主役である「WPIプロテイン」について軽くご紹介します。

(とばして頂いても大丈夫です。)

 

はじめに|WPIプロテインについて

一般的になじみがある「ホエイプロテイン」の内には、「WPI・WPC」と2種類のプロテインが存在します。

  • WPI=ホエイプロテイン・アイソレート
  • WPC=ホエイプロテイン・コンセントレート
他には「CFM・WPH製法」なども存在します。
マッスルサポートブログ

 

WPIとは、一般的にたんぱく質の含有率が高い(純度が高い)のが特長の一つです。

  • WPIのたんぱく含有率は「90%前後」
  • WPCのたんぱく含有率は「80%前後」

※無水換算として

WPIのプロテインは、脂質や炭水化物を「クロスフローミクロフィルターレーション製法」という技術を用いることでたんぱく質から分離します。

分離することで、余計な栄養素を省き、純度の高いWPIプロテインが完成するのです。

WPIはWPCよりも「たんぱく純度が高く低脂肪」なので、ダイエットやトレーニングの適性が非常に高いのです!
わたし

 

また、WPIにはもう一つ特長があり、WPCよりも「乳糖の含有量が少ない」ことが特長的です。

乳糖不耐症の方にも理想的な製品と言えます。

※牛乳を飲んだ時にお腹がゆるくなる体質を「乳糖不耐症」と言います。

 

WPIは上記の通り選ぶメリットしかないので、基本的にWPCのプロテインよりも「1,000~2,000円」ほど価格帯が高くなります。

なので、お財布に余裕がない限りは「WPIのプロテイン」をおすすめします!

 

プロテインの「コスパが良い」の判断基準とは?

プロテインの”コスパ”を判断するうえで大切なポイントは、たんぱく質1gあたりの価格です。

「プロテイン=たんぱく質」なので、

単純にたんぱく質含有量が多いプロテインがコスパが良いプロテインです。

 

また、一般的にはプレーンノンフレーバー)」は、味付きフレーバー)」よりも価格が【1~2割】ほど安くなります。

なので、ノンフレーバーのプロテインが狙い目です。

 

さらに、ノンフレーバーは「たんぱく質含有量」が味付きよりも多く含有されており、「人工甘味料」を含む添加物が配合されていません。

つまり、身体にも優しく、効率的にトレーニングが行えるのでおすすめです。

 

ではでは、【高コスパWPI製法】で作られたプロテインを見て行きましょう!

 

エクスプロージョン「ホエイプロテインアイソレート」|コスパ最強!

エクスプロージョン

ポイント

たんぱく質1g価格 1.9円

理論値最強コスパ

8種類のフレーバー

8

美味しさ

7

溶けやすさ

8

栄養内容

10

コスパ

【エクスプロージョン ホエイプロテインアイソレート】

1袋単品 3袋セット 6袋セット
価格 5,994円 17,010円 30,910円
たんぱく質1g価格 2.3円 2.18円 1.9円
内容量 3㎏(100食分) 9㎏(300食分) 18㎏(600食分)
フレーバー 8種類 8種類 8種類
製造 日本国内 日本国内 日本国内
原材料や栄養内容の確認はこちらをクリック
原材料名
乳清たんぱく(乳成分を含む) 、ミルクカルシウム/乳化剤(大豆由来)
栄養成分表
エネルギー 112kcal 炭水化物 1.2g
たんぱく質 26.0g 脂質 0.5g
食塩相当量 0.2g

※1食あたり「30g」プレーン味の詳細です。
※アミノ酸スコア:100、タンパク含有率:86.7%

はじめにご紹介するのは、コスパの良いプロテインと言われれば絶対に挙げられるプロテインブランド、

エクスプロージョンの「ホエイプロテインアイソレートです。

理論値のコスパは最強です!
マッスルサポートブログ

「たんぱく1g価格」を見て頂きたいのですが、、

1袋単品のご購入よりも、複数のセット購入のほうが「2割」ほど安くご購入頂けます。

ただ、18㎏(6袋)なので、置き場所に困る可能性が難点ですね。

 

他のプロテインをご紹介する前に言ってしまいますと、エクスプロージョンの1袋3㎏の価格でも他社のプロテインでは太刀打ちできません。(安いという意味です。)

なので、単品購入でもコスパ最強複数購入では圧倒的なコスパです。

コスパのみの判断ではエクスプロージョンは最強です。”コスパのみ”の判断ではです。
マッスルサポートブログ

 

栄養内容を見て頂きますと、たんぱく質の含有量は「26g」。

これに関しては最高値であることは間違いありません。(コスパ最強なので)

 

ただ、問題は「脂質の含有量」です。

上記の詳細は「プレーン味」のものですが、脂質が1食0.5g含有されています。

決して多くはないのですが、これからご紹介するWPIのプロテインには「1食0.2g」のものなどが存在します。

なので、脂質の含有量にもこだわりたい方には、エクスプロージョンは最適なプロテインとは言えません。

~こんな方におすすめ!~

  • コスパを重要視している
  • まとめ買いしたい
  • 日本国内のプロテインがいい

などなど、エクスプロージョンの「ホエイプロテインアイソレート」はこのような方におすすめです!

 

本記事の最後に、今回ご紹介するプロテインの「たんぱく質含有量や価格」などを比較して、

それぞれの強みをご紹介しますので是非ご覧ください!

 

 

リミテスト「WPI100」|CFM製法によりさらに高品質に!

リミテスト

ポイント

たんぱく質1g価格 2.8円

WPI+CFM製法で高品質

1食たんぱく質量 31g

7

美味しさ

7

溶けやすさ

9

栄養内容

9

コスパ

【リミテスト WPI100】

1袋1㎏ 1袋3㎏
1袋価格 2,890円 4,980円
たんぱく質1g価格 3.1円 2.8円
内容量 1㎏(28食分) 3㎏(86食分)
フレーバー 1種類(プレーン) 1種類(プレーン)
製造 日本国内 日本国内
原材料や栄養内容の確認はこちらをクリック
原材料名
ホエイたんぱく分離物(乳成分を含む),レシチン(大豆を含む)
栄養成分表
エネルギー 139kcal 炭水化物 1.3g
たんぱく質 31g 脂質 0.4g
食塩相当量 0.2g
アミノ酸(100gあたり)
バリン6.1g、ロイシン10.2g、イソロイシン6.8g

※1食あたり「35g」プレーン味の詳細です。
※アミノ酸スコア:100、タンパク含有率:92.6%

次にご紹介するのは、WPICFM製法で作られていることが特長的なホエイプロテイン、

リミテストの「WPI100です。

~CFM製法とは?~

CFM製法とは、たんぱく質の含有率を「80~90%(高たんぱく)」に保ちつつ、「BCAAやカルシウム」を豊富に含むうえで、「乳糖や脂質」を取り除くことで「WPI・WPC製法」の良いとこどりを実現する製法です。

このような技術を利用した結果、1食たんぱく質量「31g」という高たんぱくでありながら、

脂質は「0.4g」という非常に品質の高いプロテインに仕上がりました。

 

先ほどご紹介した「エクスプロージョンWPI」と見比べてみたら、「CFM製法」の凄さが分かります。

 

リミテストとエクスプロージョンの脂質比較

エクスプロージョンの1食使用量は「30g

  • たんぱく質量は「26.0g」
  • 脂質は「0.5g」

リミテストの1食使用量は「35g

  • たんぱく質量は「31g」
  • 脂質は「0.4g」

ここで察しが良い方ならわかると思いますが、1食の使用量がリミテストの方が多いので自然とたんぱく質量や脂質量も多くなるはずです。

案の定たんぱく質量は「5g」も多いですよね。

 

ただ、脂質の含有量はどうですか?

リミテストの方が少ないですよね。

これが、「CFM製法」の凄さです!

一般的なWPIプロテインは、 WPI製法で”脂質や糖質”を取り除き作られます。

リミテストのWPI100は、ここから「CFM製法」で精製されており、WPI製法よりもさらに”脂質や脂肪”を取り除くことが可能なのです。

その分価格も上がるので、エクスプロージョンのプロテインよりはコスパが悪いのです。

まぁ、それでも一般的なWPIプロテインよりは安いんですけどね。
マッスルサポートブログ

 

~こんな方におすすめ!~

  • 脂質や糖質が少ないプロテインを利用したい
  • コスパにもこだわりたい
  • プレーン味のプロテインを利用したい

などなど、リミテストの「WPI100」はこのような方におすすめです!

WPI100は「コスパ・配合内容」などが良く、隙がないプロテインに感じます。

ただ、プレーン味のみの販売となっています。

なので、プレーン味が苦手な方は飲むのが大変ですね。

 

 

グロング ホエイプロテインWPI|フレーバーの種類で選ぶならコレ!

GronG(グロング)

ポイント

WPI+CFM製法で高品質

たんぱく質1g価格3.1円

9種類のフレーバー

8

美味しさ

7

溶けやすさ

9

栄養内容

9

コスパ

【グロング ホエイプロテイン100WPI】

1袋1㎏ 1袋3㎏
1袋価格 3,480円 8,480円
たんぱく質1g価格 3.9円 3.1円
内容量 1㎏(34食分) 3㎏(103食分)
フレーバー 9種類 9種類
製造 日本国内 日本国内
原材料や栄養内容の確認はこちらをクリック
原材料名
乳清たんぱく(乳成分を含む)、レシチン(大豆由来)
栄養成分表
エネルギー 111kcal 炭水化物 0.9g
たんぱく質 25.7g 脂質 0.3g
食塩相当量 0.2g

※1食あたり「29g」プレーン味の詳細です。
※アミノ酸スコア:100、たんぱく質1g含有率:88%

次は、「WPI+CFM製法」で作られた炭水化物の含有量の少なさや、WPIのプロテインでは豊富なフレーバーの種類が魅力的なプロテイン、

GronG(グロング)の ホエイプロテイン100WPIをご紹介します。

CFM製法で作られたプロテインが続きますね。
マッスルサポートブログ

 

先ほどご紹介したリミテストのWPIと同じ製法が採用されていますが、内容はまた変わってきます。

違いは、「炭水化物の含有量」です。

 

  • リミテストの炭水化物量:1.3g
  • グロングの炭水化物量:0.9g

このように、1食の使用量が少しリミテストのほうが多いとはいえ、0.4gの差があります。

また、脂質量もグロングのプロテインの方が少なく、カロリーも20kcalほど少ないです。

なので、脂質や炭水化物をできるだけ摂りたくない方におすすめなプロテインです。

 

さらに、グロングのWPIは「フレーバーの種類」がWPIのプロテインの中では豊富な部類に属します。

  • ココア風味
  • バニラ風味
  • ストロベリー風味
  • 抹茶風味
  • バナナ風味
  • グレープフルーツ風味
  • ヨーグルト風味
  • フルーツミックス風味
  • ナチュラル(プレーン)

この9種類のフレーバーからご選択いただけます。

様々なテイストのフレーバーが揃っているので、自分に合ったものが見つかる可能性も高いです。

先ほどご紹介したグロングのプロテインは、”プレーンのみの販売”となっていますので差別化ができます。
マッスルサポートブログ

 

ただ、注意点ですがフレーバー付きには人工甘味料スクラロース)」が配合されています。

なので、味付きのプロテインを好まない方には本商品の利点は少ないかもしれませんね。

 

~こんな方におすすめ!~

  • 脂質&たんぱく質の含有量が少ないプロテインを利用したい
  • コスパにもこだわりたい
  • フレーバーの種類が沢山あるプロテインを利用したい

などなど、このような方におすすめです!

 

 

バルクスポーツ アイソプロ|内容量&フレーバーは様々な選択肢があります!

アイソプロ

ポイント

たんぱく質1g価格3.8円

内容量の選択肢が多い

フレーバーの種類が多い

6

美味しさ

7

溶けやすさ

7

栄養内容

9

コスパ

【バルクスポーツ アイソプロ】

1袋1㎏ 1袋2㎏ 1袋5㎏
価格 3,680円 6,793円 16,560円
たんぱく質1g価格 4.2円 3.9円 3.8円
内容量 1㎏(40食分) 2㎏(80食分) 5㎏(200食分)
フレーバー 6種類 6種類 6種類
製造 日本国内 日本国内 日本国内
原材料や栄養内容の確認はこちらをクリック
原材料名
分離ホエイたんぱく(乳成分を含む)/乳化剤(大豆由来)
栄養成分表
エネルギー 94.3kcal 炭水化物 1.0g
たんぱく質 21.6g 脂質 0.4g
食塩相当量 0.08g

※1食あたり「25g」プレーン味の詳細です。
※アミノ酸スコア:100、たんぱく質1g含有量:86%

次は、様々な「内容量フレーバーをお試しできるプロテイン、

バルクスポーツのアイソプロをご紹介します。

これまでのプロテインに比べてインパクトが薄く感じますが、正直本商品には目立った特徴がありません。
マッスルサポートブログ

 

様々な「内容量・フレーバー」をお試しできる、というのは、、

本商品は「20食分・1㎏・2㎏・5㎏」からご選択いただけるうえ、

バラエティーパックという「フレーバー6種類」が1袋ずつ入っているセットなど、幅広い選択肢があります。

注意点ですが、フレーバー付きには「人工甘味料(スクラロース)」が配合されています。

 

なので、プロテインで失敗したくない方にはおすすめなプロテインです!

ただ、コスパや内容量は抜きに出たものが無いので、個人的には第3の選択肢止まりですかね。

 

~こんな方におすすめ!~

  • プロテインで失敗したくない方
  • 幅広いフレーバーを一度試してから大容量ご購入したい方

などなど、このような方におすすめです!

 

 

HIGH CLEAR プロテインナチュラル|単品コスパ最強!

HIGH CLEAR(ハイクリアー)

ポイント

単品コスパ最強

たんぱく質1g価格 2.18円

添加物一切の不使用

5

美味しさ

5

溶けやすさ

9

栄養内容

10

コスパ

【HIGH CLEAR(ハイクリアー)】

プロテインナチュラル1㎏
1袋価格 1,980円(税込)
たんぱく質1g価格 2.18円
内容量 1㎏(40食分)
フレーバー 1種類(プレーン)
製造 日本国内
原材料や栄養内容の確認はこちらをクリック
原材料名
乳清分離タンパク質(原産国、アメリカ)
栄養成分表
エネルギー 91.25kcal 炭水化物 0.03g
たんぱく質 22.68g 脂質 0.1g
食塩相当量 0.35g

※1食あたり「25g」プレーン味の詳細です。
※アミノ酸スコア:100、たんぱく質含有率:90%

今回最後にご紹介しするのは、単品最強コスパであり個人的に超おすすめなプロテイン、

HIGH CLEARハイクリアーのプロテインナチュラルです。

 

上記の、脂質量&炭水化物量を見て頂ければ分かると思いますが、とてつもなく少ないです。ほぼ含有なしと言っても過言ではありません。

価格も、たんぱく質1gあたり「2.28円」という、割引が発生するエクスプロージョンの9㎏セットのコスパと同等です!

1袋単品のご購入では最強です!
マッスルサポートブログ

 

ただ、ほかの商品に含有されていた「乳化剤」という、泡立ちを抑える添加物が配合されていません。

なので、混ぜにくさも最高レベルです。

~こんな方におすすめ!~

  • ストイックにトレーニングに取り組みたい
  • コスパを重視したいが大容量のものは買いたくない
  • 脂質や炭水化物量が少ないものがいい

などなど、このような方におすすめなプロテインです!

 

 

WPIプロテインのコスパ比較

最後に、今回ご紹介した「5つのプロテイン」の価格やたんぱく質含有量などを比較していきましょう!

比較内容としては、たんぱく質1g価格」「たんぱく質含有率」「1食脂質量」「1食炭水化物量などを比較します。

 

比較名は分かりやすいように「ブランド名」を記載します。商品名は似ているものが多いので。

また、エクスプロージョンは「6袋18㎏」が最安値ですが、ご購入は現実味が無いので今回は3㎏での比較となります。

ブランド名 たんぱく質1g価格 1食脂質量 1食炭水化物量 総価格

 エクスプロージョン3㎏ 

2.3円 0.5g 1.2g 5,994円

 リミテスト3㎏ 

2.8円 0.4g 1.3g 4,980円

グロング3㎏

3.1円 0.3g 0.9g 8.480円

バルクスポーツ2㎏

3.9円 0.4g 1.0g 6,793円

ハイクリアー1㎏

2.18円 0.1g 0.03g 1,980円

※右にスライドできます。

5種類のプロテインを比較してみましたが、、、

一番大事な要素は「たんぱく質1g価格」です。

なので、ハイクリアーがコスパ最強次点でエクスプロージョンですね。

また、脂質量や炭水化物量もハイクリアーが一番少ないので、美味しさなどを加味しなければ「ハイクリアーのプロテインナチュラル」がどの点でも優秀であることが分かります。

 

ただ、先ほども言いましたが、乳化剤などの泡立ちを抑える添加物などが含まれていないので、

混ぜにくく飲みづらいのは否めません。

また、プレーンのみの販売となりますので、味付きがお好みの方にはおすすめできません。

 

まとめ

今回は、WPI製法で作られたコスパの高さが魅力的なプロテインを「5種」ほどご紹介し、比較もしてみました。

その結果として、コスパのみを考えるのであれば、「ハイクリアーのWPIプロテインがコスパ最強」であることが分かりました。

ただ、プレーンのみの販売です。

味付き(フレーバー)も販売されているブランドの中では、「エクスプロージョン」のプロテインが高コスパです。

 

なので、結論として「コスパ&配合内容」を重要視するのであれば、

ハイクリアーのプロテイン

また、「フレーバーあり」でコスパを重要視するのであれば、

エクスプロージョンのプロテインがおすすめです!

他にも様々なプロテインをご紹介しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました