クレバー(CLEVER)マッスルプロテインは高たんぱく&低糖質・低脂質で筋トレのお供に最適!

ホエイプロテイン
マッスルサポートブログ

突然ですが、プロテインなどの健康食品を選ぶ上で重要視しているポイントはありますか?

美味しさたんぱく質の豊富さ、さらには人工甘味料の有無など、人それぞれ重要視しているポイントは違うと思います。

~今回の記事はこんな方におすすめ!~

  • WPI製法のプロテインを利用したい方
  • タンパク含有率の高さを第一に考えている方
  • 低脂質&低糖質のプロテインを利用したい方

本記事では、低糖質&低脂質タンパク含有率の高さ以上2点が特長的なプロテイン『クレバー(CLEVER)マッスルプロテイン』をご紹介します!!

 

クレバーマッスルプロテインとは?

ブランド クレバー(CLEVER)
製品名 クレバーマッスルプロテイン
価格 5,940円(税込)
内容量 1袋:900g(30食分)
たんぱく質1g価格 8.1円
フレーバー 3種類
ご購入方法 公式サイト,Amazon,楽天市場,Yahoo!ショッピングなど

クレバーマッスルプロテインとは、美しい筋肉のためにという謳い文句を掲げ、「高たんぱく・低糖質・低脂質」に着目して作られたプロテインです。

栄養内容を第一に考えている方にピッタリなプロテインです!
マッスルサポートブログ

 

 

下記の記事で「クレバー」で販売されているプロテインを、用途ごとにおすすめをご紹介していますのでぜひ見てみてください!

 

本商品のココに注目!

  • WPI製法のたんぱく質を100%配合
  • 低糖質&低脂質
  • BCAAを1日分丸々摂取可能
  • グルタミン&グルタミン酸をたっぷり含有

本商品の特筆すべきポイントは以上4点です。

見ての通り、栄養内容が魅力的なプロテインと言えます!

 

~下記の順でご紹介~

原材料や栄養成分についてフレーバーについて価格や最安値について口コミや評判について飲み方やタイミングについて

ではでは、気になる『原材料や栄養成分』について見て行きましょう!

 

 

 

原材料や栄養内容について

原材料名
乳清タンパク(米国製造)、ココアパウダー、粉末油脂、食塩、穀物麹、有胞子性乳酸菌、乳酸菌凍結乾燥末/グルタミン、植物レシチン、クエン酸カリウム、増粘剤(グァーガム)、甘味料(ステビア、スクラロース、アセスルファムK)、香料、V.C、油出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分表
エネルギー 109kcal 炭水化物 2.19g
たんぱく質 24.4g  -糖質 1.41g
食塩相当量 0.27g  -食物繊維 0.78g
脂質 0.48g ビタミンA 80㎍
ビタミンB1 0.17㎎ ビタミンB2 0.18㎎
ビタミンB6 0.17㎎ ビタミンB12 0.33㎍
ビタミンC 13.5㎎ ビタミンD 0.8㎍
葉酸 33.3㎍ ビタミンE 1.3㎎
パントテン酸 0.9㎎ ナイアシン 1.8㎎
マグネシウム 21㎎ カルシウム 98㎎
カリウム 130㎎
アミノ酸
BCAA(5.000㎎)、グルタミン・グルタミン酸(5.500㎎)

※1食あたり「30g」チョコレート風味の詳細です。
※タンパク含有率「81.3%」・アミノ酸スコア「100」

クレバーマッスルプロテインは、WPI製法のたんぱく質100%配合された高純度なプロテインです。

WPI製法についてはこちらをクリック

 

まず、WPIとは「ホエイプロテイン・アイソレート」の略です。

そして、ホエイプロテインにはWPI製法の他に「WPC製法」のプロテインが存在します。(厳密にはCFM・WPH製法のプロテインもありますが、王道は「WPIorWPC」なので今回は省きます。)

 

では、この2種類の製法について説明します。

~WPCとは?~

WPCたんぱくとは「濃縮乳清タンパク質」のホエイプロテイン。自然なホエイ(乳清)に近い状態のたんぱく質で、その分脂質や炭水化物を多めに含んでいるのが特徴的です。

※WPC=Whey Protein Concentrate(ホエイプロテイン・コンセントレート)

つまり、自然に近い状態であまり加工していないプロテインです。

 

~WPIとは?~

WPIたんぱくとは「分離乳清タンパク質」のホエイプロテイン。何回にも渡って”フィルタリング”され、とても純度の高いたんぱく質を含有しているのが特長的です。

※WPI=Whey Protein Isolate(ホエイプロテイン・アイソレート)

つまり、幾たびも加工を重ねて「無駄な成分」を省いたプロテインです。

 

WPIとWPCの最大の違いは「たんぱく質の含有率」ということを知って頂けたと思いますが、実際の数値は下記のようになります。

  • WPCのたんぱく含有量=約80%(100gあたり約80g)
  • WPIのたんぱく含有量 =約90%(100gあたり約90g)

※無水換算値
※メーカーによって多少異なります。

 

このように、100gあたりのたんぱく質の含有量が「WPCよりもWPIの方が多い」ので、商品に多くのたんぱく質が含有されていることが分かります。

ただし、WPIの方が品質が良いですが、価格帯も「1,000~2,000円」ほどWPCよりも高くなります。

 

また、たんぱく質の含有率以外にも異なる点があり、WPI製法はWPC製法よりも『乳糖の含有量が少ない』ことが特長です。

つまり、乳糖不耐症の方にも理想的な製品と言えます。

※牛乳を飲んだ時にお腹がゆるくなる体質を「乳糖不耐症」と言います。

 

このような点から、プロテイン選びでの最適解は「WPI製法」のプロテインと言えます。

 

 

たんぱく質に関しては『WPI製法』であることから、豊富なのは間違いありません。

そして、脂質や糖質に関しても含有量を見るだけで少ないことは明らかですが、含有量が少ない理由として『タンパク含有率』が高いのが影響しています。

 

上記でもご紹介しましたが、タンパク含有率が『100gあたり80%』を占めているのであれば、ほかの20%は『炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル』などのたんぱく質以外の栄養素となります。

そして、本商品はタンパク含有率『81.3%』と非常に高い含有率を誇りますので、脂質や炭水化物などの栄養素はたんぱく質とは反対に少なくなります。

 

ではでは、ビタミン&ミネラルの含有量について言及していきますが、上記の含有量を見てもコレが凄いのか分からない方が多くいらっしゃると思いますので、

厚生労働省が定める1日摂取目安量と比較してみましょう!

 

本商品と厚生労働省が定める1日摂取量の比較についてはこちらをクリック

 【栄養成分の含有量と1日摂取量】

本商品1日摂取量※¹ 1日摂取推奨量※²(女性) 1日摂取推奨量※²(男性)
マグネシウム 21㎎ 270㎎ 340㎎
カリウム 130㎎ 2000㎎ 2500㎎
カルシウム 98㎎ 650㎎ 800㎎
葉酸 33㎍ 240㎍ 240㎍
ナイアシン 1.8㎎ 11㎎ 15㎎
パントテン酸 0.9㎎ 5㎎ 5㎎
ビタミンC 13.5㎎ 100㎎ 100㎎
ビタミンB1 0.17㎎ 1.1㎎ 1.4㎎
ビタミンB2 0.18㎎ 1.2㎎ 1.6㎎
ビタミンB6 0.17㎎ 1.4㎎ 1.1㎎
ビタミンA 80㎍ 650㎍ 850㎍
ビタミンB12 0.33㎍ 2.4㎍ 2.4㎍
ビタミンE 1.3㎎ 5㎎ 6㎎
ビタミンD 0.8㎍ 8.5㎍ 8.5㎍

※¹クレバー マッスルプロテイン:1食「30g」あたり。
※²「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書(引用)
※² 摂取推奨量は「男性・女性18~29歳」をもとに記載しています。

 

本商品1食あたりの『ビタミン11種&ミネラル3種』を厚生労働省が定める1日摂取目安と比較してみましたが、

ビタミン11種は『約1/10~1/5日分』、ミネラル3種は『約1/10~1/20日分』程度摂取できるようですね。

 

見ての通り、プロテインやサプリメントほど栄養素を豊富には摂取できませんが、ビタミン&ミネラル合計14種類を平均『1/10日分』摂取できるのは嬉しいですね!

1日1杯飲むだけで不足しがちな栄養素を補ってくれます!
マッスルサポートブログ

 

BCAAを1日分摂取可能!

  • BCAA:5,000㎎

※1杯あたり「30g」

本商品には、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)が5,000㎎配合されています。

 

では、『必須アミノ酸:バリン・ロイシン・イソロイシン』の含有量と厚生労働省が定める1日摂取目安を比較してみましょう!

厚生労働省が定めるBCAAの1日摂取量についてはこちらをクリック

 【BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)の含有量と1日摂取量】

本商品1食摂取量 18歳以上の必要量×○○㎏ ※1
バリン 記載なし 26㎎
ロイシン 記載なし 39㎎
イソロイシン 記載なし 20㎎
合計 4561㎎ 85㎎×体重○○㎏

※アミノ酸必要量データ参照:厚生労働省
※1「18歳以上」の「体重1kgあたりの必要量(mg)」を記載しています。
※計算式:18歳以上の必要量×体重=1日必要量

例)18歳以上で体重60kgの人を仮定しての計算式は、『85㎎×605100㎎』となり、1日あたりBCAAの必要量は5,100㎎であることが分かります。

 

つまり、18歳以上60㎏の方は「合計5,100g」のBCAAが1日に必要で、

本商品で摂れるBCAAは『合計4,561g』なので、1日分近くのBCAAを1杯で摂取することができますね!

 

 

上記の計算式としては、18歳以上の方であれば『体重(60㎏)のところを自身の体重で掛ける』ことで、自身に必要なBCAA量が簡単に分かります。
ちなみに、BCAAとは『運動時の筋肉エネルギーの源』と言われる必須アミノ酸9種のうち、最も重要とされる3種類(バリン・ロイシン・イソロイシン)の総称です。

近年では、筋たんぱく質中に多く含まれていることから、筋肉にとって重要なアミノ酸であると話題沸騰中です!

 

グルタミンを豊富に含有!

  • グルタミン+グルタミン酸:5,500㎎

※1杯あたり「30g」です。

本商品には、BCAAの他にもグルタミン&グルタミン酸が豊富に含有されています。

グルタミンとグルタミン酸は同じアミノ酸の一種ですが、それぞれ異なるアミノ酸です。

 

~グルタミンとグルタミン酸の違いとは?~

グルタミンとは、筋肉中に存在するアミノ酸の中で50-60%を占めており、生体内で最も多く含まれるアミノ酸の一種です。

グルタミン酸とは、エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸と言われており、グルタミンだけでなく、オルニチン、プロリン、ギャバ、さらに抗酸化物質として重要なグルタチオンの前駆体でもあります。

 

どちらも、コンディションの調整に必要なアミノ酸です!

また、BCAA+グルタミンの栄養含有量しか記載されていませんが、

本商品は『アミノ酸スコア100(最大値)』であることから、ほかのアミノ酸も豊富に含有されていることは間違いありません。

 

 

3種類のフレーバーから選べる!

  • チョコレート味
  • ミックスベリー味
  • ヨーグルト味(new)

クレバーマッスルプロテインは、3種類のフレーバーからご選択いただけます。

ヨーグルト味のフレーバーは新商品のため分かりませんが、他2種のフレーバーをご購入された方の口コミとして、

「ミックスベリー味はしっかりシェイクしても少しザラつく感じがありましたが、チョコレート味は玉にもならずしっかり溶ける感じです。」という口コミが見えました。

引用元:amazon

 

ミックスベリー味は、「多少ザラつく感じがある」という口コミがちらほら見えました。

チョコレート味は、「溶けやすい」という口コミが多かった印象です。

中には「シェイカーを使わなくても混ぜやすい」という口コミがあり、混ぜやすさが伝わりますね。

 

口コミや評判をリサーチ!

では、本商品の「口コミや評判」をご紹介します。

通販サイト『Amazon・楽天市場』などの口コミを参考にしますが、すべてを取り上げることは不可能なので、選定基準を軽くご紹介します。

 

選定基準は、第一に「他社との比較評価」を行っている口コミを、第二に「理由を詳しく記載」してある口コミを取り上げます。

反対に、「まずい・美味しい」などの理由のないざっくりとした感想は取り上げません。

では、口コミ評判を見て行きましょう!

 

悪い口コミ

微量なビタミン・ミネラルに、21種もの乳酸菌が添加されているので、高付加価値となって1食分198円の高価なプロテインになってしまっています。ビタミン・ミネラルを添加するプロテインは枚挙にいとまがないですが、乳酸菌まで追加とは。でも21種と表示されているとはいえ、どんなものが入っているかさっぱりわかりません。

1回分の粉30g中タンパク質が24.4gも含有されており、すばらしい含有率なのになんとももったいないと思います。
引用元:amazon

最近チョコの方を買ったので比較レヴュー。

ベリーの方が甘さは控えられています。
ですが、まずい・臭い・溶けにくい・無限に泡立つという点でチョコ味の方が優勝です。(チョコ味は味良し、溶けやすい、泡立たない。)
チョコ、ココア味が苦手な僕は先にベリーを買ってしまったので失敗でしたが、なんとかオレンジジュースで匂い、味を消して飲み切りました。
成分はとても優秀です!買い続けます!
引用元:amazon

同社のチョコレート味を使っていたのでこちらも同じく大丈夫だろうと思っていました。
ですがシェイカーで水で溶かしてみたら全然様子が違い結構泡立ちが凄くて意外でした。
飲んでみても細かいダマが残っていたので溶けにくいと思います。
ダマが残らないように普段よりも念入りにシェイカーを振ってみたら泡だらけで何が何やら…。
結局泡が凄くて飲み辛いです。
味はベリー系の味はしているので泡さえなければ美味しく飲めると思います。
どうすれば泡が落ち着くのか今のところ良く分りません。
引用元:amazon

悪い口コミでは、「栄養素の種類が多すぎて高価なものに・ミックスベリー味は溶けにくい」という口コミが見えますね。

先ほどもご紹介したのですが、悪い口コミのほとんどはミックスベリー味の「溶けにくさ・泡立ち」に関するものでした。

 

なので、溶けにくさや泡立ちに関しては多少の工夫が必要ですね。

自分が泡立ちや溶けにくさの対策としては、「冷蔵庫で寝かしておく」ことですかね。

泡立ちは少し間を置いたら消えますし、冷蔵庫で寝かしておくことで溶けにくさも改善できているように感じます。

 

良い口コミ

とにかく味が美味しいので、飲んでいてとても楽しい。
100~200mlの水などに、付属のスプーンで2~4杯が目安
となっていますが、このプロテインはどちらもそれぞれ美味しく、
200mlのシェイカーに2杯入れる時と、4杯の時と、それぞれで楽しんでいます。
シェイカーで振る時も、少し振れば、すぐ溶け終わるので、
非常に溶けやすいです。
引用元:amazon

このプロテイン、美味しいです。
いろんなプロテイン飲んだけど、1番美味しいって思います。
引用元:amazon

女性にうれしいミックスベリー味のプロテインです。
一般的なプロテイン粉末に比べるとカロリー量が少なく、飲みやすさに留意していると思います。
男性専用ならガツンと摂るという感じですが、プロテインのある意味特徴であるダマになったりする飲みにくさが全くありません。
カロリーの低さが特徴なので、朝食をしっかりと摂ってのちに飲みたいプロテインですね。
引用元:amazon

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

良い口コミでは、「カロリーが少ない!・1番美味しい!」という口コミが見えますね。

上記のほかにも好評の口コミが寄せられており、カロリーやたんぱく質量に関しての口コミが多い印象です。

 

カロリーは「109kcal」・たんぱく質は「24.4g」と、ここまでカロリーが低く、たんぱく質量が多いプロテインはなかなかありません。

 

何なら有名どころの、「サバスやビーレジェンド」の

1杯あたりのたんぱく質量は、「15~20g」程度しか配合されていないので、クレバーマッスルプロテインの凄さがお分かりいただけるでしょう!

まぁ、その分価格もなかなかですが( 一一)

マッスルサポートブログ

 

 

購入するならドコ?

公式サイト 5,940円
Amazon 5,940円
楽天市場 5,940円
Yahoo!ショッピング 5,940円

※税込価格です。
※価格帯は変わる場合があります。(2022年6月現在)

取り扱われている通販サイトを記載しましたが、どこでご購入しても価格は変わりません。

公式サイトでのご購入は、登録が必要で少しの手間があるので、安心安全のAmazonや楽天市場でのご購入がおすすめです!

 

 

飲み方やタイミングについて

1食15g~30gを目安に、100㏄~200㏄程度の水や牛乳などでお飲みください。

※基本的には30gのご使用をおすすめします。

 

飲むタイミングに決まりはありませんが、『朝食時・トレーニング後・就寝前・間食時』など様々なシーンでお飲みいただけます。

 

個人的に1番おすすめな飲み方は「トレーニング後」です。

筋トレ後の栄養補給としてプロテインを飲むと「身体への吸収率」がとてもいい為、筋トレの効果が大幅に上がり筋肉の増大効果が望めます。(筋トレ後30分以内がおすすめ、筋トレ中も◎。)

 

よくある質問について

クレバーマッスルプロテインについては大方ご紹介し終えたため、

ここからはご購入時の小さなお悩みについて「公式サイトの情報」をそのまま記載します。

 

副作用について

クレバーマッスルプロテインは医薬品ではなく、

健康食品なので「副作用」の心配はありません。

 

※身体に合わなかったり、気分が悪くなったり、何らかの問題が発生した場合は直ちに使用を中止することをオススメします。

 

お薬との併用について

プロテインは食品ですので、通常はお薬と一緒にお取りいただいても差し支えございません。

お薬を飲まれている方や通院中の方で飲み合わせが気になる方は、医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

 

まとめ

ブランド クレバー(CLEVER)
製品名 クレバーマッスルプロテイン
価格 5,940円(税込)
内容量 1袋:900g(30食分)
たんぱく質1g価格 8.1円
フレーバー 2種類
ご購入方法 公式サイト,Amazon,楽天市場,Yahoo!ショッピングなど

クレバーマッスルプロテインとは、美しい筋肉のためにという謳い文句を掲げ、「高たんぱく・低糖質・低脂質」に着目して作られたプロテインです。

 

~本商品の特長まとめ~

  • WPI製法のたんぱく質を100%配合
  • 低糖質&低脂質
  • BCAAを1日分丸々摂取可能
  • グルタミン&グルタミン酸をたっぷり含有

本商品は、美味しさにも定評のあるプロテインですが、

栄養内容が『高たんぱく・低糖質&低脂質・BCAA豊富』というトレーニングに嬉しい栄養素がたっぷりと含有されているため、栄養内容が最大の特長と言えます!

 

ただ、WPI製法のため価格としてはWPC製法のプロテインよりも高めの設定となっていますので、お財布に余裕のない方にはおすすめできません。

 

ではでは、これにて終わりとなりますが、

現代では昔とは違いプロテインをトレーニング云々に関わらず日々の健康食品として利用するのが普通となっています。

タンパク質の重要性が知れ渡っているからですね!
マッスルサポートブログ

 

そして、今回『クレバーマッスルプロテイン』をご紹介したように、本サイトでは『タンパク質』に関係する商品を多く取り扱っています。

プロテイン選びでお悩みの際はぜひお立ち寄りください!!

では、以上!😊

 

 

下記の記事では、グラスフェッド+人工甘味料不使用という身体への安全性がものすごく高いホエイプロテインをご紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました