HMBとプロテインの違いとは?併用できるならするべき?【HMBまとめ】

筋トレサポート食品

今回は、【HMBとプロテインの違い】そして、【併用できるならするべきなのか?】まとめてみました。

 

 

では、初めに【プロテインとHMB】の違いについて掘り下げていきましょう!

 

この記事を見ている方は、これから【筋トレやダイエット】などを、行っていこうと思っている方が多いと思います。

 

前提として【HMBとプロテイン】はまったく異なる物質で、役割も違うのです。

 

トレーニングの効果を高めるには、それぞれの【特徴と効果を理解】し、適切に摂取する事がとっても大切です。

 

では、【HMBとプロテイン】について詳しくご紹介していきます。

 

HMBとは

では、【HMB】について詳しくご紹介していきます。

 

HMBとは、アミノ酸の一種である【ロイシン】から体内で合成される物質で、筋肉の【合成促進や、分解抑制】の効果があります。

 

そんなHMBですが、人間の体内における一日当たりの生成量はごくわずかなのです。なのでサプリで摂取しようということです。

 

ここで注目すべきポイントは、【筋肉の分解抑制効果です!ダイエットをすると脂肪とともに筋肉も失っていきます。

 

しかし、【HMB】はロイシン摂取量のわずか【5%】程度となってしまうため、ロイシンを摂取するより、HMBを直接摂取する方が、注目されています。

 

・プロテインよりも優れているポイント

 

1日に必要なHMBは2gと言われています。

ですが、プロテインで摂取しようとするのであれば、「1gのロイシン」から、から生産される「HMB」は、たったの「0,05g」なので、

 

一日に必要な「HMB2g」を、摂取するには「40g」ものロイシンが必要なのです。

 

これを、プロテインで換算すると…【約20杯分にもなるのです。

※一般的なプロテイン1日分に含まれているロイシンの量が「2000㎎」としての換算です。

 

だから、【プロテインでのHMB摂取は、とても効率が悪いのです!】

 

そんなHMBを、効率的に摂取可能なのが【HMBサプリ】なのです。

 

さらに、プロテインは【HMB】が体内に吸収されるまでかなり時間がかかるのです。

 

・プロテインでのHMBが吸収されるまで…

プロテインを分解→ペプチドを分解→ロイシンを代謝へ→体内へ吸収】と、プロテインで摂取するのには効率がとても悪いのです。

 

HMBサプリなら【HMBが、体内にダイレクトに届きます!】

なので、無駄な工程がなく摂取することが出来る点で、「プロテインで摂取」するよりも【吸収量・効率】ともに、最高なのです!

 

では、次にHMBの【効果・効能】についてご紹介します。

 

HMB【効果・効能】とは

HMBには、3つの大きな効果があります。

1.筋肉の合成を促す効果

2.筋肉の分解を防ぐ効果

3.筋肉の回復促進効果

この3つの効果がHMBの主な利用価値ですね。

では、この3つの効果を詳しくご紹介します。

 

効果1 筋肉の合成を促す効果

HMBはたんぱく質のように筋肉の材料になるというよりは、筋肉の合成を促し再生を早める役割を持っている成分です。

HMBを摂取することにより、筋肉の合成を促す「mTOR(エムトア)」と呼ばれるシグナル伝達経路が活発になることが分かっています。

 

HMBには「mTOR」というスイッチを入れ、筋肉の合成を活発化させる重要な働きを持っているといえるでしょう。

HMBを摂取しながら、筋肉の材料となるタンパク質を中心としたバランスの良い食事を心がけることにより、筋肉が効率よく大きくなるのです。

 

効果2 筋肉の分解を防ぐ効果

筋肉は日々の中で絶えず【合成と分解】を繰り返しています。

筋肉を成長させるには、合成を促すことはもちろんですが、【分解を抑える】つまり守ることも大事になります。

体には、古くなった「タンパク質」や、日常生活で必要とされない「タンパク質」を分解するという働きが備わっています。

 

この働きは「ユビキチンプロテアソーム系」と呼ばれており、例えば細胞の入れ替わり周期を調整したり、がんや感染症などで発生した異常なたんぱく質を除去するなど、重要な役割を担っています。

しかし、この働きが筋肉を大きくするための阻害要因の一つにもなってしまうのです。

 

筋トレで大きくした筋肉は、日常生活では必要ないものであるとカラダが判断し、筋肉を分解していきます。

筋肉は使わなければ分解されて衰えていくのです。また、ダイエットなどでカロリーを制限したことによるカラダのエネルギー不足が起こると、筋肉が優先的に分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

 

HMBを摂取することにより、このユビキチンプロテアソームの働きを弱体化させることができ、筋肉の分解を抑制することができます。

 

 

効果3 筋肉の回復促進効果

HMBには傷ついた細胞の修復を促す効果があり、【筋肉の回復促進効果】が期待できます。

トレーニングをすると筋肉が傷つきます。

傷ついた筋肉を修復する際に、同じ負荷に耐え得るように以前よりも少しだけ頑丈に修復が行われます。

 

・筋肥大や、筋力アップには

トレーニングなどで、刺激を受けると筋肉の一部が「損傷」します。

損傷部位に対して、適切な「栄養、休養」をとります。

損傷部分の「回復、修復」←このタイミングで僅かに大きくなるのです。
筋トレとは、これの繰り返しなのです。そこで、筋肥大をサポートしてくれるのが「HMB」なのです。

 

回復を促進させるということは、【トレーニング→回復】というサイクルをより効率的に行えるということですので、筋肉の成長や肉体改造の成果を早めることに繋がります。

 

どうでしたか?この3つの効能が、HMBの最も大きい効果です。

では、【HMBとプロテイン】を比べる上でプロテインの効果も、見ていきましょう。

 

プロテインとは

人間の身体は、【タンパク質と水】でほとんどができています。

タンパク質が不足すると人間の体は様々な機能が低下します。

そうならないために、「重要な栄養素」であるタンパク質を摂取したい!ということで頼りになるのが、タンパク質の塊であるプロテインです!

 

プロテイン【効果・効能】とは

プロテインには、様々な効果があります。

・筋肉の増加、維持効果

・基礎代謝、免疫力の向上効果

・体の修復力の向上効果

・疲労回復効果

・細胞や、体の骨格、皮膚を作る効果

 

等々、このような効果に、期待できます。

あれ?HMBサプリよりも効果が多い?

 

と、思う方がいると思います。ですが、それは全くの間違いなのです!

 

そもそも、【効果数が多い=優れている】ではなく、【その効果の価値が高い=優れている】なのです。

 

さらには、覚えているでしょうか?

HMBサプリには、【HMB以外にも有用成分】がたくさん、配合されています。

 

例えば、「BCAA、クレアチン、L-シトルリン」等々、

BCAAや、クレアチンには、HMBと同じような、「疲労回復効果、筋肉量増加効果、免疫力向上効果」など、

L-シトルリンは、筋肉増強のほかに、「血流促進効果、男性器の増大効果」などもあり、

夜の方にも、活躍してくれる成分も入っています。

 

まぁ正直言うのであれば、【HMBサプリと、プロテイン】は、使用用途が違うので、どちらが優れているとかはないのです。

 

なので、「HMBサプリを使用すべき方」、「プロテインを使用すべき方」を解説していきます。

 

【HMBサプリとプロテイン】どちらがオススメ?

理想を言うのであれば【HMBサプリとプロテイン】は、基本的に併用することが望ましいです。

それは、先ほどHMBとプロテインの【効果・効能】をお話ししたのでわかると思いますが、HMBとプロテインの効果は、全くの別物だからです。

なので、【併用】することで、よりトレーニングへの効果に期待が出来ます。

 

しかし、お金のない学生などは、予算の都合によってどちらか一方しか飲めないケースもあるでしょう。

その場合、どちらを優先して摂取するべきかは、その人の食生活によって変わります。

 

 

一日三食をしっかり取っている人は、食事から十分なタンパク質が摂取できている可能性が高いため、HMBサプリを優先させるべきです。

 

特に筋トレ初心者の場合、HMBの効果が強く出る傾向があります。

反対に、食生活が不安定で、食事からタンパク質を確保できている自身がない人は、プロテインを優先させましょう。

 

筋肉の材料となるタンパク質不足は、筋肉が増加どころか減少する恐れがあるからです。

 

このタンパク質が、食生活でしっかりと摂れているのであれば、プロテインは不要と言えます。

ですが、HMBは、食生活で補うことはできませんので、食生活が充実していても、いなくてもオススメすることが出来ます。

 

なので、お財布に余裕がある方は、どちらも使用することがオススメされます。

 

普段の食生活で、十分なタンパク質を摂れている方なんて、ほとんどいませんからね。

 

HMBとプロテイン【摂取するタイミング】について

・HMBを摂取するタイミング

筋トレ前にHMBサプリを摂取することで、【筋トレ中の筋肉分解抑制効果】があるので、筋トレ前に摂取することがオススメされます。(約1時間前がベストタイミング。)

 

プロテインを摂取するタイミング

筋トレ後の、栄養補給としてプロテインを飲むと、「身体への吸収率」がとてもいい為、筋トレの効果が大幅に上がり筋肉の増大効果が望めます。(筋トレ後30分以内がオススメ、筋トレ中も◎。)

 

このように、併用することで筋トレ効率を最大限に上げることが出来ます。

 

では、最後に【プロテインとHMB】どちらも配合されているオススメ商品をご紹介します!

 

HMB&プロテインどちらも配合されている【オススメ商品】

では、【HMBとプロテイン】このどちらも配合されている商品をご紹介します。

 

【パーフェクトパンププロテイン】


パーフェクトパンププロテインとは、筋トレに励む方にオススメなサポート食品です。

特に、成分の配合内容にこだわりたい方にオススメです。

 

【パーフェクトパンププロテイン】のご購入はこちらから

 

・配合内容

・HMB               (1.500㎎)
・WPIホエイプロテイン     (12.000㎎)
・マイセラカゼインプロテイン (8.000㎎)

・クレアチン         (2.000㎎)
・シトルリン         (600㎎)
・アルギニン         (600㎎)
・マルトデキストリン     (900㎎)
・BCAA

パーフェクトパンププロテインには上記の通り、様々な成分がこれでもか!と言えるほど配合されています。

 

日本国内の工場】で製造されているので安心安全です。

お客様が直接飲まれるものだからこそ、【徹底した衛生・品質管理】にこだわり、満足してご使用いただけるように心がけています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました